カリブ海の真珠、キューバ。その首都ハバナでのんびり暮らしのフォトブログ/コメント大歓迎 yukihabana@yahoo.co.jp


by yuki-cuba

カテゴリ:小物雑貨( 1 )

ソビエト製アイロン。

今年(2011)の2月のある日、道ばたで売られていたアイロン。ちょうど探していた友だち(キューバ人)が「おお、これはソビエト製の良いものだ」などと会話して現地通貨の170mn(モネダナショナル)、だいたい700円ぐらいでお買い上げ。ずしっと重くてシンプル。味のあるデザインがコロニアルな古い家にしっくり馴染む。数字は1967年製って意味かしら。ここハバナでは、車をはじめ、崩壊前のさまざまなソビエト製品が生活に深く馴染んでいる。
e0163511_6355220.jpg

水蒸気がでるようなタイプの新品のアイロン(中国製)が、お店で30cuc(約3000円)ぐらいで売られているけど、古い物の方が壊れにくいし、故障しても修理して長く使える、とキューバ人は考えてます。最近わたしもそう感じる。


ぴったりのアイロン台、発見。
e0163511_635566.jpg

アイロン購入から数週間あと、友達は家の納戸からアイロン台を発見。サイズもテイストもびっくりするほどぴったり。「家にあったの?見つけたの?」「うん、僕が生まれたころにはもう家にあった」だって。
[PR]
by yuki-cuba | 2011-04-07 06:36 | 小物雑貨 | Comments(0)