カリブ海の真珠、キューバ。その首都ハバナでのんびり暮らしのフォトブログ/コメント大歓迎 yukihabana@yahoo.co.jp


by yuki-cuba

カテゴリ:コンサート( 7 )

Teatro FAUSTO
シアター・ファウスト


写真Tfausto1
2010年11月末の公演、大好評だった女装麗人たちのレビュー。

ハバナ旧市街・プラド通りの中程にある「シアター・ファウスト」は、
お笑いや手品、子供バレエの発表会などが催される
庶民のための劇場。うっかりすると
気づかずに通りすぎてしまいそうなシンプルな外観(写真左)です。
写真Faus
(写真右上)どことなく秘密めいたこの窓口でチケットを買う。
(写真右下)入り口に貼られた出演者告知のポスター類。

去年の11月末、なにやら黒山の人だかり。
「トラスベッティ(女装した男性)のレビューだよ」
ということで入ってみたら、2階席の上まで満席。
入場料は一律10ペソ(約50円)!
e0163511_732369.jpg


さまざまなスタイルの歌と音楽とダンスが
次々に披露される大スペクタクルショーに大感激。

キューバのトラスベッティって、すごく元気なんです!!
[PR]
by yuki-cuba | 2011-05-31 07:32 | コンサート | Comments(6)
ハバナのディスコやコンサート会場を、“プライベートな視点”からご紹介します。

e0163511_8113374.jpg

これを見るとハバナにいるんだー!って感じちゃう.。
ディスコ店頭の出演バンド予定表。

ハバナでコンサート情報を入手するには、「ラジオを聞く」「直接劇場に電話で問い合わせる」「インターネットのEGREM情報をみる」「劇場に張り出される一週間分のスケジュール表をチェックする」「ホテルのコンシェルジュに聞く」などが一般的な方法。

でもせいぜい一週間後の情報までしかゲットできない。
さらに情報は当日までどんどん変化するし、
当日その時間になってあっさり“急遽中止”と発表されることも日常茶飯事。

バンドが到着していないとか、エアコンが故障した、トイレが壊れた、害虫駆除が入ったなど
目が点になるような理由で。コンシェルジュは時間などよく間違える。
でもひっくるめて「まぁ、それがキューバなのね」と納得するしかないです。
(そんな実情ですから、時間や値段は、必ずご自分で確認してくださいネ。責任、とても持てません)

情報は入手しにくくても、キューバはまぎれもなく音楽の女神に愛された国。
毎日いろんな会場で、街角で、さまざまなジャンルのコンサートが行われていますから、
ここがダメならあっち、あっちがダメならこっちというようにフレキシブルに動ければ、
驚きの安さで、驚きのレベルの演奏を満喫できます。

写真もできるだけ、随時、アップしていきます。
[PR]
by yuki-cuba | 2011-05-22 08:33 | コンサート | Comments(1)

街角のオペラ

OPERA DE LA CALLE
ー街角のオペラー

ハバナ市民の間で最近話題の、新しいプロジェクト。
20代の若者アーティストを中心とした総勢45名のオペラ団が、
毎週いろんな場所で公演しています。
e0163511_644055.jpg

2011年4月、ハバナ・ベダード地区の映画館YARAにて。夜10時から。入場料は一律50円。

タイトル通り、ハバナ旧市街の中央公園や
「カジェホン・デ・ハイメ」(セントロ・ハバナにある芸術村)など
だれでも無料で観ることができる屋外公演も多数。

e0163511_652758.jpg

YARA公演、開場前の行列にて。
派手だけどキューバ人の観客のみなさんです。
一番左の女性は歌手、真ん中の男性は歌って踊るアーチスト、右の美女はダンサー。

そのほか観光客向けの貸し切り公演や、
カサ・デ・ラ・ムシカ・バラデロ(一大リゾート地のディスコ)での
定期公演も順調。
e0163511_662561.jpg

「街角のオペラ」団の社長(右)と公演にかけつけた旧友の歌手。
[PR]
by yuki-cuba | 2011-05-04 06:06 | コンサート | Comments(0)

Casa de la Musica
カサ・デ・ラ・ムシカ・ミラマール
カサ・デ・ラ・ムシカ・ハバナ


ハバナでサルサを聞く&観る&踊るなら、まず行くべき老舗的ディスコ。
ミラマールはミラマール地区、ハバナはセントロ・ハバナのガリアーノ通り(旧市街の中央公園から徒歩5〜6分)にあります。夕方5時から9時までのマチネと、夜11時からのナイト・ショーと、一日2回。ロス・バンバン(確か20CUC(約2000円))やバンボレオ、プピィ・ロ・ケ・ソンソンなど有名バンドや旬バンドもよく出る。飛び入りで有名ミュージシャンが舞台にのぼって歌ったり演奏したりすることも多い。入場料は出演者によって変わる。店頭のスケジュール表は、毎週火曜日に更新されます。

若い系セクシー系舞台。(下)オブジェのようなスピーカー……これ普通ですか?
e0163511_2593613.jpg

ガリアーノでは、舞台がよく見えるテーブルに座るためには、ハバナクラブ(ラム酒)のボトル購入が必要。普通のボトル15CUC、レセルバ18CUC、7年もの21CUCでした。他店に比べても安い方かと思うので、踊り目的でない人にはおすすめ。食事はないけど、ピザとサンドイッチがあり、ピザ2CUCは大きめで薄くて(ハバナのピザは普通フカフカでぶあつい)スパイスが効いていてとても美味しかった。缶ビールやジュースも1CUCと良心的。



Piano Bar
HABANECIENDO
ピアノバール(アバネシエンド)

カサ・デ・ラ・ムシカ・ガリアーノのすぐ近くにあるディスコ・バー。有名な歌手が入る日や、3人ぐらいのミニバンド、ボレロをはじめ、ディスコ・テンバ、レゲトンなどさまざまなジャンルのショーを開催しているので、近くを通りかかったらチェックしてみるとよい。生バンドでなく、プロジェクターでサルサやレゲトンがかかるディスコナイトも多いが、夜の早いハバナ旧市街の近くにあって、夜遅くまで営業しているのも魅力。
[PR]
by yuki-cuba | 2011-04-23 03:00 | コンサート | Comments(0)

ルンバ大好き!




Palacio de la Rumba
パラシオ・デ・ラ・ルンバ


こちらは数年前にできたばかりの新しいナイトクラブ。もちろんルンバが楽しめる。ルンバ好きの若いキューバ人たちが思い思いに踊るルンバを観るのもひとつの楽しみ。トラディショナルなショーとまた違った、モダンなテイストもカッコいい。以前店頭では「毎週木曜日から日曜日の夜6時からオープン」教えてくれたけど、お休みの日も多いので必ず確認しましょう。旧市街からタクシーなら5分程度、サンミゲル通りの公園に面した位置にあります。近代的なオーディオ設備、高い天井、天井に設置された近代的エアコンディショナー、よく見える高い舞台、美しいライティング、と施設すべてが新しい。入場料は5cuc程度。




Conjunto Folclorico Nacionao
コンフント・フォルクロリコ・ナショナル


ベダード地区、ホテル・メリアコイーバの近くにある、民族伝承の館。毎週土曜日の午後3時から開催するルンバのショーが有名で、観光客に人気があります。ハバナ旧市街からタクシーで約10分。入場料は5cuc。開始5分前になって「出演バンドが来られなくなったので、中止」と発表された経験もあるので、ゆるい感じで見にいきましょう。
[PR]
by yuki-cuba | 2011-04-22 08:25 | コンサート | Comments(0)


Teatoro Garcia Lorca
ガルシア・ロルカ劇場


e0163511_8232928.jpg

ハバナ旧市街の中央公園のそばにある、バロック建築&豪華&巨大な建物で、キューバ・クラシックバレエの本部。キューバ国立オペラ団や国立バレエ団の公演を鑑賞できます。
公演情報は、劇場の外廊下の柱に、手書き風のプログラム(写真)が公開されるのをチェックします。
写真/看板KANBAN
左と中央は、伝説のプリマドンナ、アリシア・アロンソ(ALICIA ALONSO)主催のバレエ公演。今年、2011年の5月の告知。右は、今年1月と2月に公開されたイタリアのオペラ劇。

今年1月のオペラは、一人25CUC(約2500円、キューバ人は50円)でした。当日その時間に行けば、並ばなくてもS席のチケットを買えたし、シャンパンは置いてないけどカフェも一応あって、気軽に一流のオペラを楽しめます。(他の国でオペラ鑑賞経験がないので詳しいコメントはできませんが、アカデミックな雰囲気も含めてて、充分楽しめました)。バレエはまだ観ていないのでノーコメント。
e0163511_822294.jpg

下のシーンは韓国ドラマっぽい? 鋭い。そう、3日間のうち一日だけ韓国のスターたちが遠征してきて主役を演じました。たぶん北朝鮮の方たちですよね……。文化交流、あるんですね。
[PR]
by yuki-cuba | 2011-04-22 08:23 | コンサート | Comments(0)

Hotel FLORIDA
ホテル・フロリダ


e0163511_8195034.jpg

オシャレにサルサを踊りたいなら、ここがおすすめ。ハバナ旧市街のオビスポ通りにあるホテルの1階にあるディスコ・バー。19世紀に建てられたお屋敷を改装したホテルなので、内装はコロニアル調で優雅な雰囲気。夜の11時頃から1時間ほど生演奏が入る。とくに週末は、ダンス好きなお洒落人がたくさん集まる。現役や元ダンサー、ダンスの先生も多いので、彼らとサルサを踊りたくて来る観光客の女性グループも多い。以前は入り口付近に“たかり”目的の偽物ダンサーやミュージシャンがたむろしていたが、最近は比較的落ち着いて、もとの上品な雰囲気を保ちつつ、めいっぱいサルサを踊れるのが魅力。入場料は5cucで2ドリンク付。ビールはなく、モヒートかキューバリブレかラムコリンズから選ぶような感じ。水が悪いのか、お腹を壊す日本人もいるみたいなので、胃腸のよわい人は要注意。



1830
ミル・オチョシエントス・トレインタ


ダンスの上手いクバーノ(キューバ人男性)と行きたい、洗練された雰囲気のテラス(屋外)・ディスコ。マレコン(防波堤)通り沿いに建つ邸宅風の建物が目印。お屋敷の中はレストラン・バーになっていて、ディスコは外のテラス席。ライブ演奏はもちろん、サルサ・コンクールのようなイベントが始まることもある。いろんなタイプの地元カップルが踊る様子はかなり楽しめる。入場料は3CUC(2011年2月現在)。昨年の大晦日(年越し)は10CUC。ダンスの得意なお洒落人があつまるディスコとして有名で、男性陣がうまくないとどーにもならないルエダ・デ・カシーノ(複数のカップルが輪になって踊るサルサ)も盛んだったけれど、最近は観光客の増加にともなってちょっと治安が悪化している模様。あからさまな“たかり”やすり、や置き引き事件が多発している。
[PR]
by yuki-cuba | 2011-04-22 08:20 | コンサート | Comments(0)