カリブ海の真珠、キューバ。その首都ハバナでのんびり暮らしのフォトブログ/コメント大歓迎 yukihabana@yahoo.co.jp


by yuki-cuba

聖なる町、サント・スワレスへご案内。

e0163511_539238.jpg

ハバナ旧市街から乗り合いタクシーで南へ5分ほど走ると、
「サント・スワレ(ス)」(聖スワレス)という小さな町に着きます。

革命前(約50年前)に“お金持ち”が住んでいた地域、ということで、
大きなお屋敷はもちろん、
ちいさくて可愛い一軒家がたくさん建ち並んでいます。

……が、今は一般市民(キューバ人)が住んでいるので、
修理したり塗りなおしたりする余裕はなく、
家々は半世紀前の華やかな思い出をセピア色に変えながら、
ただただ古びてゆくばかり。

そうして、まだ人は住んでいるのだけどまるで廃墟のようになって……。

町の根底にある上品さと、家のかわいらしさ、
そして古びてしまった華やかかりし面影が不気味にマッチして、

そう、お化け屋敷のように見えるんです。
e0163511_541217.jpg


そして私のアイデア(妄想?)はふくらむ一方……。

この町をまるごと使って、
「お化け屋敷タウン」にしたら
こわ(怖)楽しそう!!!

………………〈お化け屋敷タウン構想〉………………
ハバナから無料送迎バスが出ています。
町の入り口で、地図とロウソクと方位磁石が渡されます。
指定の時間内に、道順どおりにお屋敷をまわって、
隠されたキーワードを全部書き込めたらクリアー。
町長のサイン入認定証がもらえます。

もちろんおみやげ類も豊富、この町でしか買えない、
特製ボトル入「ラム酒」「コーヒー」「蜂蜜」「チョコレート」などを販売。

………………………………………………………………

ディズニーランドがお化け屋敷(ホーリーマウンテッドショー?)で
いっぱいになった感じでしょうか。
町の名前も、サント(ホーリー=聖なる)・スワレスだし、ぴったり。

観光客は、町を歩いて、家の中まで入れて、歴史の勉強にもなって、
おみやげの目玉がないキューバで、喜ばれるお土産も買えて超ハッピーですよね。
そしてキューバ経済も危機的状況のいま、町おこし、新しいビジネスとしても
可能性大!と思うのですが。

お化け屋敷タウンと感じるかどうかは貴方しだいですが、
でもでも確かに、この町は、
ハバナ旧市街とはひと味ちがうトリップ感を味わえます。

できたら、想像しながら写真を見てくださいネ。
南国のムゥッと生暑い風が頬をなでる夜に、
この家にロウソク一本もって入って行くのを……。

e0163511_5423558.jpg

(左)一階のガレージ?がなんだか怖い。拷問部屋? (中央)これは病院廃墟という設定で。 (右)ペンキ塗りが中途半端なのが不気味感をアップ。


e0163511_54325100.jpg

(左)これは超ミニハウス。トイレ用かな。 (中央)教会。 (右)「お気に入り」という看板が出たまま廃墟になってる、散髪屋さん跡地。

e0163511_5445712.jpg

たぶん本当に廃墟になってしまったお屋敷。
[PR]
by yuki-cuba | 2011-04-13 05:39